Thursday, January 21, 2010

ゲテモノ

いわゆるゲテモノというやつを食べに行ってきた。場所は有名な新宿しょんべん横丁。念願叶って浮かれ気分の私は、あの細い路地をハイヒールで闊歩してきましたわ。

今回選んだお店は〈朝起〉読みは「あさだち」だ。店名からしてすごいだろう。あ、これって自慢げな言い方だよな。何を今さら!有名なお店でないの!と思われるかもしれないのに。
でもさ、私はてんで外食なんてしないものだから、んなこと知らない訳ですよ。ん~?文章が変だな。まあいい。馬鹿物のブログですから。こんなもん、こんなもん。

ゲテモノのひとつ食ったこともないひよっこのブログですから(こうしてかなり無理をしながら話を戻す努力をしてみた)。

さあ、そういうことで、ゲテモノを食べてきたわけですが・・・・・・。
馬だか牛の金玉と子宮、それからサンショウウオ(天然記念物じゃないほう)、を試してみた。金玉と子宮は刺身だった。非常にあっさり、さっぱりとした味付けで、臭みも一切なく、きちんと(と言ったらおかしいが)美味しいものだった。まあ、今まで食べたもののなかで1、2を争う味か、と言われたら答えに迷うだろうが、安居酒屋で出てくるイカの刺身なんかよりは何倍も美味しかった。食感は焼き肉で言ったらハラミとタンのちょうど中間くらい。子宮のほうはレバーとキノコ(焼き肉じゃないが)の中間くらい。ちゅるんとしている。

サンショウウオは・・・・・・。う~ん・・・・・・何と言ったらいいのやら。味といい食感といい、別に美味しいとは思わなかったね。私個人の意見だけれど。

確かにサンショウに近い香りと後味がする。サンショウをとっても漢方薬っぽくした感じとでも言うのだろうか。食感はバサバサしていて柔らかくはないのだが、歯ごたえが頼りない。見た目も頼りない。串刺しにされた姿は何ともなさけない。

体には他の食べ物(油揚げとか糸蒟蒻とか)よりは良さそうだが、だったら漢方薬を呑んだほうがいいのではないか、と私は思ってしまった。

是非また食べたいが、金玉と子宮でいいや。カエルも気になっていたのだが、「冬眠してるんだよねー」だとさ。店員さんが言っておりました。

いつか実家住まいの友達に電話をかけて「ぬま子ちゃんいますか?」と訊いたら「ああ、今お風呂入ってるんだわ」とお兄ちゃんが答えた時を思い出してしまった。まあ、ぬま子なんて友達はいないが。
私は敬語の使えない店員なんて、たいして混んでもいないのに座席を上げている山手線と同じくらい嫌いなのだが、あそこまで徹底されると小気味よかった。ドアを開けるなり「いらっしゃーい。何にする?金玉?」だもん。食事はバケツリレーみたいに客同士の手渡しで運ぶし。

極めつけが壁に飾ってあるポスターだ。馬の交尾。それも無修正。何て健康的なのかしら。ここに載せたもの以外にもう一枚あり、それは調教師の方かなにかがメスのほうの尾を持ち上げてやって挿入の邪魔にならないようにしているのだ。馬よ。交尾さえも人間の手を借りないとできなくなってしまったか。

ちょっと悲しいよ。

1 comment: