Tuesday, August 3, 2010

クローンか猿か地道な努力か



やっぱりいいなあ。OLYMPUS ペンライト。GRもよかったけれど、こっちのほうがより「道具」っぽい。

ままごと用のおもちゃだったとしたら、これまでのデジカメが普通の野菜。ペンライトは切れる野菜だ(マジックテープがついていて、おもちゃの包丁で切れるものがあったのだ)。

カメラマンごっこをより本物らしくしてくれる。

GRだって使いこなせていなかったのに、デジタル一眼なんておこがましいかもしれないが、どうせ遊びなんだから、より気分が出るように道具で演出するのもありだと思う。

不便だってある。このカメラにはインターバル機能がついていないのだ。あれは本当に便利だった。数秒置きに自動で何枚でも撮影してくれるのだ。いちいちシャッターを押しに行かなくていい。

ペンライトにもセルフタイマー機能ならついているが、一回一枚しか撮ることができないので、好みの写真が撮れるまでちょこまかちょこまか動かなくてはならないのだ。

となると一緒にいる人に頼むことになるが、そうなるとその人に構図から何から私がイメージしているものを伝えなくてはならないので、面倒なうえ、相手に嫌がられて友達をなくしかねない。

自動的にシャッターを押してくれるような道具があればいいのだが、あったとしてもさすがにピントまでは合わせてくれなさそうだ。これまで使っていた物と違い、ペンライトはピントが合わないとシャッターをうまく押すことができない。そうしなくてもいいような設定にもできるかもしれないが、買ったばかりの今はよくわからない。いずれにしても、今までのように気軽に自分撮りをするわけにはいかなくなってしまう。

いかに自分撮りらしくないセルフポートレートを撮れるようになるのが目標なのに、道具をいいものにしたおかげで達成がむずかしくなってしまった。

一番手軽で今日からできる解決策は、GRと二個持ちすることだが、これ以上荷物を増やすことはできるならば避けたい。

となるとセルフタイマーに慣れるしかない。しかしそれには時間がかかりそうだ。

クローンがあれば、それも、使いたい時だけに取り出せるようなものがあったら。コピーロボットみたいにかさばるものでは困る。自分の分身が重たかったら、カメラを二個持ちしたほうがずっと楽である。それでは意味がない。

自分と同じ大きさのクローンだったら、双子のふりをしていつも二人で歩けばいいのかもしれないが、金銭的負担が大きそうなうえに、クローンの登場する多くの物語でさんざん描かれてきたように、クローン側から不平が出て、反乱をおこされたら勝てる自信はない。

猿を飼いならすという方法もある。

猿ならば持たなくても勝手に歩いてくれるし、面倒くささは愛くるしさがカバーしてくれるだろう。人生そのものが生き生きと輝きだすに違いない。

しかし、猿と行動してしまったら、自分のことなんかそっちのけで、夢中になって猿を写真におさめてしまうだろうから、それでは本末転倒というものだ。

たとえ猿を撮り飽きて、「さあ、猿にシャッターを押させよう」と思ったとしても、私の周囲には猿を写真に撮ろうとする人間が集まっているのに決まっているのだ。カメラを向けてくる一人一人に受け答えをしていたらそれどころではなくなってしまう。

いい方法に思えたのだけれどな。現実的ではない。

自分撮り技術の向上のためにはやはり、セルフタイマーでひたすら撮りまくるというような、地道な努力を重ねるしかないのだろう。

4 comments:

  1. 黒いマニキュアですか
    なんか人外の雰囲気があってカッコいいですね

    ところでOLYMPUS ペンライトにはインターバル機能がなくて不便だということで、何かいい解決策はないか調べてみたのすが、連写と低振動モードの組み合わせで擬似的なインターバル撮影ができると書いてありましたよ。

    一応ネットで調べてみたところ、なんとなく仕組みがわかりました。低振動モードというのは、どうやら一度シャッターを押してから、設定秒後にもう一度シャッターが切られるというものらしいです。その設定で連続撮影、つまり繰り返し撮影されるので、設定秒ごとの撮影が繰り返され、インターバル撮影ができるということらしいです。
    低振動モードの秒設定はけっこう選択肢があるようですので、好みの時間でできるようです。
    3秒ごとに撮影とかだとモデルがカメラマンに撮影されてるのと同じくらいのペースなんですかね。

    これで、アンリさんが動物園に猿を捕まえに行って逆にお縄になってしまう夢を見ないで済みそうです。

    低振動モードの設定方法
    http://www.olympus.co.jp/jp/imsg/webmanual/dslr_function/antishock/index_mft.html
    ※たぶんここが注意点?
    //カスタムメニュ-は初期設定では表示されないので、(セットアップメニュー)で表示するようにしておきます。

    ReplyDelete
  2. 杏里さん、おっは~!
    オリンパスのペンを使ってるのですねぇ。
    あの手の一眼では、性能の違いはあまり詳しくないですが、
    デザイン的にはペンが一番いい感じがしますね。
    確か、アートフィルターなんかもあるのでしたよね。
    それよりも何よりも・・・
    自分もペンではないですが、オリンパスの一眼持ってるので。
    杏里さんと同じメーカーの持ってるのが嬉しいです。
    オリンパスって、少しマニアックでマイナーな感じですもね。

    ReplyDelete
  3. wht's that...u hv "kuma eyes".............
    take break....u looking so tired...

    ReplyDelete