Tuesday, June 28, 2011

TATOO豚!!!













なんて残酷なんだ。なのに、なんてかわいいんだ。

豚のTATOOだなんて!

ピンクの肌にヤンキーっぽい絵柄がよく映えること!

Wim Delvoyeというベルギー人芸術家の作品らしい。
彼は、しばしばその過激さで話題をふりまくのだとか。
はたして私は、ヴェネツィア・ビエンナーレで彼の作品に出会えるのかしら?

だけど、こういうものって、生理的に嫌悪感を覚える人のほうが多いのだろうな。
たしかに豚がかわいそうだ。彼らにしてみたらとんでもなく迷惑な話だ。こんなものを見て喜ぶ人間がいるから、罪のない動物がおもちゃにされるのだろう。

だがしかし、もしもあらゆる芸術や娯楽が人間の善意のみに訴えかけるものだったなら、私たちの日常は今よりはるかに退屈なものになっていたに違いない。

どうして人間は豚にこれほど残酷になれるのか?

それはきっと、豚が生き物の中でも滑稽であるからに他ならない。

体型といい、色合いといい、鳴き声といい、行動といい、どこか笑いを誘うようなところがある。

だからこそ豚はこんなにもかわいいのだ。

しかし最後にはこのTATTO豚たち、こんな姿になってしまうようだ。



どうやらこちらのほうが作品として売られるらしいが。

お気の毒に……。

こんな姿になってもまだこれほどかわいいなんて、ある意味才能だと思う。





だけど絶対生きている時のほうがかわいいと思うんだけれどな。

肉は食べたのかしら?

敬意を表して食べてみたい。闘牛の牛料理もいつかは食べてみたいと思う。


7 comments:

  1. 豚って滑稽な生き物ですね
    同感です
    しかし杏里さんのめずらしい写真楽しいです

    ReplyDelete
  2. シュールやね(笑)
    よく見たら肌つやといい、色といい、本当にTatoo入れるために生まれてきたような生き物だ。

    ReplyDelete
  3. 次は海豚か?いや無理か。

    ReplyDelete
  4. 苦節2ヶ月。。

    やっとネットが繋がった!Q!

    相変わらず杏里さんのブログにはうっとりしてしまう。

    ぶた 言いようのないかわいさだ 

    ReplyDelete
  5. うーむ。

    豚を人間に入れ替えたら、もっとうっとりするような入れ墨になるのでは。。。

    と。

    ついでに皮も。
    は、だめか。

    だめ。か?

    ReplyDelete
  6. Amazing Anri!!!!..........I heard that pigs are always a good way to practice.

    ReplyDelete