Thursday, August 4, 2011

恐るべき子ども






















別に私は変態ではない。
変態でなくても、この少女は魅力的だと思う。


彼女はThylane Lena-Rose Blondeauちゃん。
わずか十歳のフランス人モデルだ。
好意的ではない記事の書き方をしているメディアもあるけれど、私は断じて彼女のファンだ。


この大人びた表情がいい。天才子役の風格を感じさせる。
大人びた顔立ちではなく、大人びた顔つきというのがいいのだ。


ケイト・モスとジェーン・バーキンとジョディ・フォスターを足して三で割った感じか?
いや、その三人よりもこの子のほうが個人的には好きだ。


存在感のある子役(子ども)に、私はめっぽう弱い。
最近だと、『キック・アス』のヒットガール役を演じたクロエ・モレッツなんかも胸を張ってファンだと言える。
だが、ヒットガールにもない強みをThylane Lenaちゃんは持っている。


それは、いい意味での古くささである。
この60年代後半から70年代前半にかけての空気は、一体どこからくるのだろうか?
ヒッピーの両親にコミューンで育てられたのだが、そんな周囲の環境に飽き飽きしてしまっているようなこの空気は。
彼女がそんな時代を知っているわけでもなかろうに。


今時の、コンピューターを自由自在に使いこなしそうな子どもとは対極の、時代錯誤とも言える反抗的雰囲気は、青春の甘酸っぱさを思い出させてくれる(私なんて、その時代には種にもなっていないはずなのだが)。


すべてを知り尽くしたような目と、不機嫌そうな口元は、おそらく大人になってしまったらこれほど魅力的には映らないのだろう。
どうか、今のうちに活躍の場を広げていただきたいものだ。




しかし、私のブログなんぞに子どもの写真を載せていいものか?
だいぶ迷ったのだが、それでもやっぱり彼女を知ってほしかったのだ。


さあ、みなさんも検索してみましょう!

















5 comments:

  1. 反抗的な顔いいですね
    日本の子役はわざとらしくて
    好きになれません

    ReplyDelete
  2. 非常に魅力的な若い女の子..........しかし、それはできるだけ長くのために子どもであることが最善だ、大人にはそれの欠点を持っている!!!!.
    ディーン

    ReplyDelete
  3. コクトーもお好きなんでしょうか。

    ReplyDelete
  4. けだるく、不機嫌そうな感じがいいです。
    ジェーンバーキンに似てますね。

    日本で人気?のぽにょ・・・と歌っていた子や
    まるまるもりもり・・・と歌っている子には
    有り得ない表情です。

    ReplyDelete