Friday, December 23, 2011

香水って





毎日つけるわけでもないのに、やたらと香水を持っているのはなぜだろう?と、ふと考えてみた。答えは簡単に出てきた。私は自分で思っていたよりずっと感情的だからだ。

ロマンチックな人は言う。あの香水はしばらく嗅ぎたくない。元彼の匂いがするから。失恋した時につけていたのがベビードールだったの。だから香水を変えたの。云々。

すごくわかる。その香水をつけている時に嫌な出来事があると、同じ匂いを嗅ぐとダイレクトにその出来事を思い出してしまう。だから、その香水はしばらく(場合によっては一生)封印したくなるのだ。

たとえば、シャネルのガーデニアは大好きな香りなのだが、あれをつけている日、買ったばかりの洋服を置き忘れてしまったことがあった。服は見つからず、同じものをまた買い直した。ついでに他の香水も買った覚えがある。

アニックグタールの柑橘系も大好きな香りだった。しばらく連れ添うつもりだた。それなのに、付け始めて一週間ほど経ったところで、iPadを落とし割ってしまった。当分その香りから離れたことは言うまでもない。割れたもののことなんて思い出したくないからだ。

マーク・ジェイコブスのデイジーの時は、物ではなく人とのトラブルだった。

身近にとにかく大嫌いなやつがいて、それともめた時、つけていたのがデイジーだったのだ。そいつがいなくなってやっと、棚の奥から引っ張り出すことができた。

物や他人との間にあったことだってこれほど左右されるんだから、自分自身のことだったら大変だ。

たとえば大病をして、死ぬほど苦しい思いをしたとしよう。その時周囲にあった匂いは、病気が治った後も嗅ぐだけで嫌な記憶を蘇らせてしまうのだろう。

病気になったら、なるべく無香料のものを使わなくては、その後の人生で嫌なことが増えてしまう。

今愛用中の香りは、Stella McCartneyのStellaと、IlluminiumのWhite Gardenia Petalsだ。White Gardenia Petalsのほうは、日本ではいまいちマイナーだが、イギリスのキャサリン妃愛用の香りらしい。あの歴史的な結婚式の後、一時的に品切れになっていたのだが、最近はeBayでも手に入れることができる。これもまたガーデニアの香りで、どうも私はこのテのものに弱いらしい。南国の空港っぽいからか?

デルベというメーカーの忘れな草のボディスプレーもいい。これはルームスプレーにもなるので、実家では、犬が粗相をした時にも活躍してくれている。つまり、私にとっては犬が粗相をした時の匂いなのだが、好きなのだからそれで構わない。忘れな草というと尾崎豊さんを思い出してしまうが、それも全然構わない。あの曲をカラオケで歌う音痴のおっさんを思い出してしまってもいい。良い香りなのだから。

どうか、これらの香りを身にまとっている時に、嫌な出来事が起きませんように。今はそう祈るばかりである。やっと周囲の人とかぶらないお気に入りを見つけたのだから。

洋服よりも、香水がかぶるほうがより気まずい思いをさせられる。今も困っている最中だ。同僚のつけている香水を好きになってしまったのだ。こっそり真似して、彼女と会わない時限定で楽しませてもらっているのだが、罪悪感があることは否めない。うっかりばれて、「この泥棒猫が!」と言われては困る(彼女は絶対そんなタイプはない)、と言いつつもそんな台詞を期待していなくもないのだけれど。

そもそも、彼女と私ではたいぶ香り方が違っていたため、真似をしたとすら思われないのかもしれない。

香水って難しい。だからこんなに面白いのだろう。

7 comments:

  1. その当時流行ってた音楽もその当時の自分を
    思い出しますね

    ReplyDelete
  2. シャネルのガーデニアをたまに使ってます。
    幸い、この香水を使用中に嫌な思いをしたことはないので、
    現在も生き残り中。
    同ブランドのアンフルールというものは、
    使用中、良くないことに遭遇したので封印しました。
    今悔やまれるのは、以前PLAZAで見かけた
    「葬儀場の香り」という香水を買い逃してしまったことです。

    先日つぶやいていらした皇室御用達の香りはいかが
    でしたでしょうか。

    香水は香りは全く好みじゃないけど、
    ボトルの形に魅かれてしまって購入することがあります。

    ReplyDelete
  3. すばらしい表現だ!感心した。

    ・・・アニックグタールの柑橘系も大好きな香りだった。しばらく連れ添うつもりだった。それなのに、付け始めて一週間ほど経ったところで、iPadを落とし割ってしまった。当分その香りから離れたことは言うまでもない。割れたもののことなんて思い出したくないからだ・・・

    ReplyDelete
  4. もし、素敵なことがあったならば。
    そのときの香りは、やっぱりダイレクトにその記憶につながるのでしょうか。
    うーん。それもないわけではないな。。。
    でも、いやなことにつながってたら、しつこく残りそう。

    たしかに、香水の香りはある特定のイメージにリンクする気がします。思い出とか。
    香りだけに集中すると、イメージがパッとひろがるような。

    これが落語なんかだと、じゃあ、なんか脱臼するような落ちを付けて、お後がよろしいようでみたいになるんでしょうけど。

    香水つけて、うまい蕎麦を食うとか。七輪で焼肉とか。

    ReplyDelete
  5. 風邪をひいて、体調が悪いみたいだが、大丈夫かしら
    早く次の文章が読みたい

    ReplyDelete
  6. 古いアレですが、vogueのYouTube
    ご馳走さまでした!これで年が越せますm(_ _)m

    ReplyDelete