Wednesday, March 30, 2011

ラッピング


ラッピングが楽しいことに最近気づいた。

不思議なものだ。これまで何十年も、そんなものはどうでもいいと思っていたのに。

プレゼントというやつを貰ったりあげたりがあまり無い人生だったからかもしれない。だからと言って、最近級にプレゼントに縁のある人間になったというわけではないのだが。

本当になんてことないきっかけだった。

友人にプレゼントしたいと思ったものが、たまたまヴィンテージの写真集だった。それは通販でしか買えなかった。その店にはギフトラッピングサービスがなかった。自分で包むしかなかった。

どうせなら思いきり凝ってみようと思った。

彼女はロックバンドに詳しい。そんな彼女をイメージしたら、画像のようなラッピングになった。ロックとはまるで関係のないものが多々ちりばめられているが、そのハチャメチャさがロックという感じがしないでもない、と思い、無理矢理それでいいことにした。

生活感を出したくなかったから、全て外国産のものでやった。こういうのは久しぶりだった。小学生の時、初めて行った海外の思い出として、現地で買った洋雑誌をスクラップしたことがあるが、その時以来の試みだ。


もっとずっとシンプルにするつもりだったのだが、やり始めたら止まらなくなっていった。

安全ピンを使ったのは、単純に開封しやすくするためだ。本当は亀甲縛りにしたかった。さすがにやめておいたけれども。

結局、完成させるのには、合計数時間を要したのだが、出来上がった時は心からの満足感を覚えた。

たまらなく楽しかった。

物を作るのは、それが出来上がるのは快感だ。

しかし、困ったことに、出来上がったものを他人に見せたりあげたりしたくなってしまう。よく、手編みのマフラーや手作りの弁当などを無理矢理プレゼントする女学生がいるが、きっとあれと同じ気持ちなのだと思う。

自分の生み出したものを、他人の領域に侵入させたいのだ。

だが私は、それを末永く使ってほしいと思えるほどに、自分の作った物に自信があるわけでもない。

それに、取っておかれるものだったら、作るこっちが重たく感じてしまう。





アーティストでも何でもない素人の手作りなんて、貰ったほうはいい迷惑だということくらいわかっている。逆の立場だったらきっとすごく嫌だもの。

だからラッピングはちょうどいいのだ。

あれならどうせやぶってしまうのだから、思う存分好き勝手に作り込むことができる。ちょっとくらい奇抜でも、ださいところがあったとしても、現物がいつまでも残っているものではないのだ。

惜しいなんて思わない。そのほうがまた作ろうという気になる。数をこなしたほうが上達するはずだ。

貰ったほうも、取っておく必要がないのだから、重たいと感じることは少なそうだ。それは食べ物の場合でも同じだとお思いの方もいるかもしれないが、そんなことはないと思う。ラッピングは、その人の口に入りもしなければ、血となり肉となることもないのだ。

それにラッピングはあくまで脇役であって、メインはプレゼントなのだ。

そこが、それ自体が主役の食べ物とは大きく違う。


だから余計に遊べる。

プレゼント自体は完全に相手の好みに合わせたとしても、ラッピングは自分のしたいようにできる。

相手に喜ばれるものと、こちらがあげたいものとでは、違っていることのほうが多い。

他人に物を贈る快感は、喜ばれることよりも、自分の好みが受け入れられるというもののほうが強いに違いないの。

ラッピングならたいていは受け入れられる。そう、脇役だから。

「趣味じゃないものをあげてしまったかな」という不安に悩まされることなく、自分の好みもほどよく押し付けられる嬉しさは、ラッピングに凝らなかったら一生わからなかっただろう。


















Wednesday, March 23, 2011

ペンキ屋ケンちゃん







インテリアに凝ってしまった。自分でもうんざりするほど凝ってしまった。あれこれ部屋の中をいじるのが、最近楽しくてたまらない。

基本的にはモノトーンでシンプルにまとめて、好きなアンティークをちりばめよう、と最初は思っていた。だが、なかなか思い通りにはならない。シンプルにするには物が多すぎるし、部屋そのものが狭すぎて、どうしてもごちゃごちゃっとした印象になってしまうのだ。

これはもう、「シンプル・アンティークテイスト」という当初の計画は諦めるよりほかない。

テーマを「好きな物は何でもミックスする、エントロピー全開ごちゃまぜ部屋」にでも変更するしかないのだろう。

話は戻るが、とにかくインテリアに凝ってしまったので、お金がいくらあっても足りない。これは切実な悩みだ。

まあ、こういう時期だから、誰もインテリアになんて凝らないのか(凝ったところで、地球にずれた関節をぽきっとやられたら一刻の終わりになってしまうからな)、いいヴィンテージ家具が売れ残っていたり、素敵なデザイナーズ家具がセールになっていたりするのだけれど。

中古でもセールでも、家具は家具。それほど安いわけではない。それに、なかなか完璧と思える物に出会えないのも事実だ。

そんなことから、「こうなったら作ってしまえ!」と思い、それを実際行動に移すまでに、それほど時間はかからなかった。

本格的な日曜大工にも憧れるが、それは行く行くの楽しみにとっておく。まずは簡単なペンキ塗りから始めた。

小学校四年生の時以来のペンキ塗りだ。当時の私は、あらゆる物を空色に塗りたくてたまらなかった。

そして、今は優しいグリーンに塗りたい気分だった。

実家で何十年も使っていたぼろい棚をもらってきて、ひたすらやすりをかけた後、ペンキを二度ほど重ね塗りした。最後にまんべんなくスプレー二スを振りかけて終了。シンナーの匂いにうっとりした。

完璧とはほど遠い出来だが、それでも満足度は高かった。こんな変な家具、絶対にどこでも買えないだろう。

丸っこい部分を塗るのは本当に難しかった。何度も挫折しかけた。しかし私は最後までやり遂げた!

ペンキ塗りは、売っている家具をただ探すのとは面白さが全然違う。どんな掘り出し物を見つけたとしても、あの達成感は味わえないだろう。

一つ仕上げて味をしめた私は、コート掛けとカラーボックスを白いペンキで塗ることにした。

カラーボックスのほうは、均一な色味で真っ白になるよう塗るつもりだったのだが、ささっと塗った感じが鳥の羽みたいで気に入ったので、このまま仕上げることにした。これは本当に簡単だ。五分くらいで仕上がってしまう。しかも、このやり方だと、塗っていてスカッとするからいい。だいぶストレスが解消できた。

ちょっとおすすめです。

見事ペンキ塗りにはまってしまった。

単に楽しいだけではなく、シンナー中毒にもなりかけているのだとも思う。このままはまり続けていたら、かの有名な都市伝説のように、歯が溶けてしまわないか心配だ。前歯は半分偽物なのだが、それでも溶けるのか少し気になる。

ああ、ペンキ職人に弟子入りしたいくらいだ。

そして、関係ないのだが、ケンちゃんシリーズがいい加減見てみたい。

先日の





撮影会に参加してくださった皆様、震災の影響が各方面に出ている中、ご足労いただき本当にありがとうございました!

撮影会中もなんだかんだ揺れましたが、無事終了できてほっとしております。

参加してくださっただけではなく、いろいろ差し入れまでしていただき感激です。

保存食にもなりそうなお菓子、これからずっと愛用していきたいと思えるようなかわいいラッシュの化粧品、やっぱり万能図書カード、そして、美しいクリスチャン・ルブタンの靴!!

電力不足などで不便な日が続きそうですが、来月も懲りずに撮影会を開催します!

よろしければそちらもチェックしてみてください。

Monday, March 14, 2011

ようやく


かわいいものを素直にかわいいと思える心境になってきた。

コモンマーモセット!なんてかわいいんだろう!こんなのと一緒に暮らすことができたら!

宮城県にいる知人とやっと連絡が取れたからかもしれない。

彼女の状況は、私には想像もつかないほど過酷なものだ。よく知っていた町は流され、おまけに出産を間近に控えている。

しかし、彼女は明るかった。ここ数日聞いた声の中で一番明るかった。

「これで一生話題には困らなくなったね」そんなことを言っていた。ちっともうまくない冗談だった。私はきっとちゃんと笑ってあげられなかったと思う。

ちゃんと笑ってあげられればよかった。

彼女と話して、なぜかティーンエイジャーの頃によく食べたパンが食べたくなった。

私は懐かしい街に出向き、懐かしい店でパンを買い、昔と同じように公園でそれを食べた。

同時多発テロがあった次の日も、「世界はどうなってしまうのだろう」と思いながら、弾力のあるパンをむしっては、口に運んでいたものだ。

あれから時は流れ、自分自身も周囲の人間も、まあ元気なままどうにか暮らしている。思い通りの人生ではないけれど、それなりに楽しいことだってある。

これからもいろいろなことがあるだろう。死ぬ程に打ちのめされることだって、一度や二度ではないはずだ。

だが、どんなに時にだって、私はまたここに来て、同じようにパンを食べるつもりだ。

以前もここから日常へ帰った。それまでとは少し違う日常へ。

次に宮城県の知人と話した時も、きっと私は彼女以上に笑うことなんてできないと思う。母になった彼女は、誰よりも満ち足りた気持ちでいるに違いないからだ。

その時私は、また救われるのだろう。

Wednesday, March 9, 2011

タイトルつけにくいや。

最近、茶系の小物が好きだ。

画像のようなバッグだとか、羽のヘッドバンド、帽子なんかを茶系で揃えている。

なぜかというと、部屋に飾った時、黒系よりもさまになるような気がするからだ。

もちろん、引き続き黒系のものも大好きなのだが。

インテリア代わりになるのなら、黒ほどファッションで使い回しがきかなくても、損した気分にはならない。とにかくインテリアにはまってしまったのだ。

家具というのは茶系、ベージュ系が多い。フローリングもそういう色味をしている。

きっと人間が落ち着ける色味なのだろう。

ここ何週間かで、ほとんどの家具を捨て、ほとんどの家具を新しく揃えた。

デスク、棚、ソファ、ラグマット。全部茶系だ。壁やカーテンは白。色味は好みの小物で取り入れる。

地味とは言わないが、それほど奇抜な部屋にはならないだろう。

本当は、気持ちの悪い部屋にも住んでみたい。

昨日受けたインタビューでも言及したのだが、肉の壁で暮らしてみたいのだ。

皮を剥いである肉ではなくて、生きている人間の皮膚に包まれた肉だ。

ものすごく太った人たち何十人もに、おしくらまんじゅうでもしてもらっているみたいに、隈無く壁を埋め尽くしてほしい。

亀甲縛りみたいになってしまったらつまらないが、縄か紐を体にお洒落な感じで巻き付けていたらなおよい。

匂いがきつそうなので、妄想だけで充分だけれどさ。

あれ、この話、以前にもしたっけな?「ケツの壁の家に住みたい」ってブログで書いた気がする。そうだったらすみません。

言い訳するようだが、最近記憶力が悪い。というか、変なことになっている。

花粉症の薬なんて、毎日のように服用したかを忘れてしまう。

だから、忘れるくらいなら多いほうがいいだろう、と倍くらいの量を服用することになるので、必然的に早くなくなってしまい。病院に行く回数が増える。

なんだか話の組みたてがむちゃくちゃだな。

やっぱり頭の調子が優れないのよ。








Thursday, March 3, 2011

月島!





ずっと行きたかったのに、なぜかずっと行っていなかった月島。山岡さん一家が住んでいる、美食の街、月島。もんじゃで有名な月島。

その月島に、ついに昨日行ってきました!!

もんじゃ焼きを食べてから、さらにアンコウ鍋も食べるという、胃袋にはハードなツアーだったが、そのほうが攻略しがいがある。

アンコウ鍋は、有名な店に予約をしてから行ったのだが、もんじゃ焼きは飛び込みで行ってみるつもりだった。それほど味に差があるようには思えなかったからだ。

しかし、月島に着いてびっくり!なんともんじゃ焼き案内所があるではないか!言い方は悪いが、キャバクラや風俗店の無料案内所みたいな感じだ。案内所の中にあるパソコンが、WindowsではなくMacだったのが印象的だった。

飛び込みで適当に入るつもりだったが、ここはひとつ案内所のおばさんの助言に従うことにした。模範的な観光客として月島を楽しむためにも、地元の(おばさんが実際そうなのかは知らないが)人の言うことには耳を傾けたほうがいい。

私たちの選択は賢明だった。

おばさんに勧められたもんじゃ焼き屋は、確かに美味しかった。

私は深く反省した。ずっと月島でもんじゃ焼きを食べたかったくせに、どうせもんじゃ焼きなんてどれも同じで、それほどうまいものでもないだろうと思っていたのだ。だって、以前二度ほど食べたもんじゃ焼きは、どちらも出来損ないの何かみたいな味だったし、我が母親は、一般的な関西人の例に漏れず、「もんじゃ焼き?あんなものは食べ物じゃない」と幼い私の脳に刷り込んでいたからだ。

しかし私は関西人ではない。体の半分には関東の血が流れている。もんじゃ焼きもお好み焼きもどちらも美味しいと思う。それでいいじゃないか。

今回食べたもんじゃは、出来損ないの味ではなく、立派な料理の味がした。主食にはならないかもしれない。しかしそもそもあれはおやつなのだ。何と言えばいいのだろう?主食とおかずとおやつのちょうど中間のような感じ。
ヴォリュームたっぷりの炒め物、というのが適切かもしれない。

次にアンコウ鍋が控えていたから、二人で一人前しか食べられなかったけれど、今度はもんじゃメインで行って、いろいろな味を試してみたい。


もんじゃ焼き屋を出ると、いよいよ本日のメイン、アンコウ鍋を食べに向かった。

「ほていさん」といえばご存知の方も多いのではないだろうか?


\5,500で、お通し、ごま豆腐、もずく(だったと思う確か)、プリップリに身が引き締まっていて、量もちょっと多いんじゃないかというくらいの刺身の盛り合わせ、そして、もっとびっくりする量のアンコウ鍋と、締めの雑炊がついてくる。

この刺身、最高に美味しかった!



うにの身のなんて甘いこと!

これがメインのアンコウ鍋だ。



見ていただきたい!このたっぷりのアンキモを!



生臭さは微塵も感じられず、ただ旨味と素晴らしい芳香だけが口中に広がってゆくあの快感ときたら!!

の人と肩が触れ合ってしまいそうなほど窮屈な店内だが(それでも一応三階建て隣だというのだから、どれだけ人が入っていたのだろう?)、あの窮屈さを我慢してでも、また食べる価値はあると思った。

予約は必須だが、まだの方はぜひとも行ってみてください。

私たちのように、もんじゃ焼きを食べてからというのはやめておいたほうがいいですけどね。

そんな奴ら、あんまりいないだろうけれど。


Tuesday, March 1, 2011

27日の









撮影会に参加して下さった皆様。

花粉の飛び交う中、足を運んでくださって、本当にありがとうございました。

差し入れもいろいろといただいたので、被写体にさせてもらいました。

重ね重ねありがとうございます。

3月21日にも、クラスAさんでの撮影会を予定しております。

今回参加された方も、そうでない方も、もしよかったら遊びにいらしてください。