Monday, October 31, 2011

女体盛りコスプレを作りながら

ハロウィンである。六本木にいる人々の浮かれようったらない。びっくりするくらい多くの人が、堂々と仮装して歩いている。この寒いのに、上着さえきないで。
色々なキャラクターがいた。いろいろな職業がいた。ピカチュウ、悟空、ジャック・スパロウ、ブルーマン、マリオ、ルイージ、メイド、ナース、ポリス、ときりがない。


もともとハロウィンを祝っていたお国柄の外国人は確かにすごい。だが、途中参入の日本人だって負けてはいない。どういうものか分からないまま、生活に取り入れてしまっている。
日本人はそもそもコスプレが好きなのだ。
あれほど自己主張しない服装もなかなかない。コスチュームを着ていれば、それはもう自分ではない。なりきってしまえば尚更だ。
あるのはその職業の、そのキャラクターの、固定されたイメージだけで、その人本人はどこかに隠れてしまう。
自分を全面に出すのが苦手な人にとって、コスプレはうってつけの遊びだ。


だが、控えめな日本人らしく、みんなが仮装するこの時期に便乗してコスプレを楽しむ人の中にも、へそ曲がりは存在する。
誰かと同じコスチュームは着たくない、という馬鹿が。そういう奴は、金と労力をかけ、衣装を手作りしたりする。


つまり、私のような奴だ。


今年は女体盛りのコスプレをする予定で、そんなものなかなか売っていないから、自分で作っているのだが、これがかなり骨の折れる作業なのだ。
ベージュのインナーウエアに偽物のハランを縫い付け、その上から食品サンプルの寿司を張り付ける。
午後六時からぶっ通しで作業をしているが、まだ終わらない。風邪気味の体にむち打っての作業は、はっきり言ってしんどい。


この衣装はそもそも勤務している六本木@ばーじんのコスプレイベントで着る予定なのだが、10月31日のハロウィン本番の夜なんて、混むわけがないのだ。
これは毎年同じで、ハロウィンやクリスマスなどのイベントの日には、いつだって閑古鳥が鳴く。
世間の人はイベント事を大切にするらしく、女の子のいる店で酒を飲むような日にはしたくないらしいのだ。
コスプレは好きだが、イベント自体には興味を持てない私にはよくわからない心理状態だが。


そういうわけで、半日かけて衣装を作っても、そう多くの人がこれを見るわけではないということだ。着たままパーティーにでも行けば別だが、間抜けな犬と同じで、縄張り外で変わったことはできない小心者には無理な話だ。しかしそんなことは問題ではない。
個人的には、見られることにはそれほど意味が無いと思っている。人様の感想を聞きたいわけでもない。ただこの奇妙な衣装を作って、着ることだけに意味があるのだ。
それならば、ハロウィンに関係なく勝手に作って着ればいいような気もするが、そうもいかない。なにしろこの衣装には、インナー代、食品サンプル代、接着剤代、糸代、箸代含めて二万円以上の金がかかっているのだから。仕事で、という言い訳でもない限り、そんな大枚をはたく度胸なんてないのだ。


さて、そろそろ糊が乾いてきた頃だろうか?
作業を再開しなくては。

Friday, October 28, 2011

法定画










とにかく法廷画が好きだ。あの独特のぼやっとしたタッチ。ローランサンをもっと雑にした感じと言えなくもない、あの独特のタッチ。素敵ではないか。

昔からずっと好きだった。一度でいいからあれ風に描いてもらいたい。それが、小学生の頃からの夢だ。高名な犯罪者にならなければ無理だとわかってはいたが、私の性格ならそれもあり得ると薄々思っていた。

幸運なことに、今のところ夢は叶わずに済んでいる。

だから、今はただ見て楽しむことしかできない。

以前は国内のものが好きだったのだが、最近国産法廷画はやたらと漫画タッチでよろしくない。

有名なところだと、市橋被告。



完全に今風の漫画だ。いくらストーリーが面白くても、絵が今風の漫画にはどうしても馴染めない。

畠山鈴香被告もこれじゃあレディコミだ。



いくらレディコミが好きでも法廷画としてはこれでは違う。

アメリカのもののほうが、よっぽど私のイメージする法廷画らしい。

中でもセレブリティを描いたものは元々の情報がある分、本人と比べて楽しむことができる。

いくつか貼らせていただいた。いいねえ、彼女たちのふてぶてしい表情ときたら、何とも言えないねえ。

いつか一枚くらい手に入れたいものだ。

展示会なんかもあるのだろうか?もしあるとしたら是非とも行ってみたい。

ああ、こんなことを書いていたら興奮してきてしまった。

面白くて面白くて眠れないではないか。

どうしてくれる、ぼやっとした絵たちよ!

Thursday, October 27, 2011

綿あめの牢屋





見てほしい!牢屋の壁が綿あめだなんて!!!

Jennifer Rubellという方が作ったらしいが、なんてすごい発想なのだろう!!



べたべたしそうだよな。本当にべたべたしそうだ。この壁に寄りかかって眠ったりしたら、髪の毛がめちゃめちゃに絡まってしまうだろう。

綿あめ好きにはたまらないのだろうなあ。

私もまあ、嫌いなほうではないから、一度くらいはこの中に入ってみたい。

綿あめというやつは、はっきり言って美味しい食べ物の部類には入らない。

ただ甘いだけ。こくもなければ香りもない。飴の中でも味という面ではかなり下のほうのランクだと思う。そもそも飴自体それほど美味しいものではないというのに。

だが、時々無性に食べたくなってしまうのだから、食べ物というのは、必ずしも味が全てではないことを綿あめは物語っている。

食べるという行為は、その罪悪感も魅力の一つ。

カロリーの高そうなものを食べる快感、体に悪そうなものを食べる快感。

中でも、食べてはいけないものを食べる快感ほどぞくぞくする行為はない。

実際そういうものは、食べると後悔することになるので、一見食べられなそうだが、実は食べられるものが一番好ましい。

子どもは大人よりも、食べてはいけないものを食べたいという願望が強いはずだ。その証拠に、子どもの好きそうなお菓子にはそういうものが多い。

綿ガムもそう。紐みたいなグミもそうだし、テープみたいなロール状のガムもそう。

綿あめなんてまさにそうだ!

その、食べ物ではなさそうだが、実は食べられる綿あめが、普通は食べ物であるはずのない壁一面に敷き詰められているなんて、ちょっと哲学的ですらある。

そういえば、真っ黒な綿あめってないのかなあ?

もしあるのなら、食べてみたいのだけれど。