Friday, February 17, 2012

iPhone カバー

 iPhoneカバーも靴や鞄と同じように気分で変えたいと思っている。いつも手元にあるものだから、面白いものを選べば見ているだけで楽しい気分になってくる。

どこかで聞いたのだが、ジョブズ氏としてはiPhoneにカバーなどはつけないでもらいたいのだとか。あれは完璧なデザインらしいのだ。液晶が割れてしまったらアップルストアまでもってくればいい、そんな風に言っていたとか。
だが、残念なことにアップルストアはそれほど親切ではないし、普通の人はジョブズ氏のようにお金持ちではないから、衝撃から守るためにもカバーはなくてはならないものだ。私のようにがさつな人間なら尚更そう思う。

そうは言っても、自信があるだけあってiPhoneのデザイン自体はスタイリッシュだし手にも馴染むから、あれ以上に好きになれるカバーでないとつける意味はない。

私個人としては、それだけで美術館に展示されていてもおかしくなさそうな、変なデザインがとにかく好きで、いくつも持っているのに面白いものを見つけるとついコレクションに加えたくなってしまう。

現在のお気に入りは以下の通り。

ファミコンタイプ。




フライドiPhone。



カセットテープタイプ。



でっかい耳。





届いたばかりの、スタッズが一面についたハードなカバー。







このスタッズカバーはただかわいいだけでない優れものなのだ。

ただ持っているだけでこのように手のひらのツボを刺激することができるのだ。持ち方に変化をつければより効かせることも可能だ。

孫の手やマッサージ器具の代わりにもなる。化粧品ブランドクラランスでもこんなマッサージ器具があったはずだ。これだったかな。





見た目というよりも肌あたりが似ているのだ。痒気持ちいい。

見てくれだけならこっちのほうが似ているかな。



人とかぶることが滅多になさそうなデザインは、一目で自分のものだとわかるから良い。

しかし、先端恐怖症の人にはただならぬ恐怖感を与えていることには、この場を借りて謝罪しなくてはならない。

4 comments:

  1. 杏里さんの趣味やキャラは個性的で
    楽しいです

    ReplyDelete
  2. カセットタイプやファミコンは私の世代向けですかね。若い人は知らないかも。

    ReplyDelete
  3. 白いボディを見せたくて、
    迷った挙句、クリアカバー(`_´)ゞ

    ブログ見てたら、焼肉食べたくなったから
    今夜は独り焼肉決定!

    ReplyDelete