Thursday, February 23, 2012

Puppetry of the Penis




いやあ、久しぶりにしょうもないけれど気になって仕方ないものを発見したわ。

その名もPUPPETRY OF THE PENIS

オーストラリアのコメディアンらしいのだが、彼らは温泉芸者もびっくりの体を張った芸をするのだ。

つまり、ペニスでいろいろなものを作るわけです。

ハンバーガーだとか、ネッシーだとか、エッフェル塔だとかを、ペニスをびよーんと伸ばしたりねじったりして作るわけですよ。

「ハンバーガー」は動画でも見てみたのだが、色合いといい、けっこうリアルなんだよな。決して美味しそうではないんだけれどさ。それなりによくできているのだ。

野原しんのすけしかやらないような芸を、大の大人が、それも大真面目に(?)やっているのだから、異国の人ってやっぱり底知れない。

お二人とも人前に披露されるだけあって、なかなか立派なモノをお持ちなのだが、それなのにちっともいやらしくない。まあ、そんなこと言うまでもないんだけれど。いやらしくするほうが難しいだろう、そもそもさ。

オーストラリアにはぜひ行ってみたかった。大好きなオーストラリアのファッションブランドを買い占めてこようかと思っていた。しかし、それ以上にあの国に行く大きな目的ができてしまった。

海外で舞台を観るのにはブロードウェイの劇場で懲りていた。発狂しそうなほど寒かったからだ。しかし、彼らがパフォーマンスをする会場ならば大丈夫そうだ。涼しい場所ではペニスの皮が縮こまってしまうだろうから、会場の温度はちょうどいい温かさに保たれているはずだ。それなら私が行っても問題ない。

沈みがちだった気分も楽しくしてくれそうだ。

こういう人たちが病院や老人養護施設なんかに慰問に行けば、見た人は馬鹿馬鹿しいと思いながらもちょっと元気になれるのではないかと思う。

おげれつも使いようによっては世のため人のためになる。

彼らにはどうか末永く活動してもらいたい。

そんなの無理に決まっているのだが、いつの日か日本でもツアーをやってくれたらいいのに。

4 comments: