Sunday, April 29, 2012

ベルリン!

ベルリン来ている。

日曜日だけ日帰りでケルンに行こうかと思っていた。ミーハーにも程があるけれども、大聖堂は見ておきたかったのだ。
しかし、やっぱりこうやってベルリンに留まっている。留まってしまったのだ。

ベルリンがこんなに魅力的な街だったなんて……。

 第一印象は、正直あまりよくなかった。着いた初日はけっこう勢いのいい雨が降っていたし、最初に乗ったタクシーの運転手は強烈な体臭の持ち主だった。おまけに、最初に食べたパンがはがっかりするような味だった。 一時はどうなることかと思った。
まったく、心配しただけ損だった。

 ありとあらゆる人から「つまらないよ、あんな所。見るものなんて何もないよ」と言われていた。

みんなどうしてあんなことを言ったんだろうか?みんなベルリンに何を期待しては裏切られたのだろう? 中世の街並み?歴史的建造物? まあ、中世の街並みを見たいのならばもっと他の都市へ行ったほうがいいだろう。それはそれで美しい。でも、近代建築だって悪くはないじゃない。

 歴史はありすぎるくらいにあるだろう。だから近代的なんじゃないか。もっと戦争が慈悲深いものだったらこんなに近代的ではなかったかもしれない。

 都会は歴史が浅くてつまらないと言う人がよくいるが(彼らはアメリカ文学にも同じようなことを言いそうだ)私はこういう人たちとは気が合わないだろう。数十年前の出来事もまた歴史ではないのか?そこには無数の人々の無数の記憶が折り重なっている。そうやってできている。それを「つまらない」とは何事か。数十年しか経っていない歴史に重みがないのなら、同じく数十年の人間の人生もつまらないと言うのか?

 屁理屈を言ってしまった。 ぐたぐた言ってもはじまらない。
ベルリンはつまらなくなんかない。 少なくとも私にとっては最高に刺激的で、なおかつ優しさに溢れた素晴らしい街だ。

4 comments:

  1. 久々にいい文章・・・

    ReplyDelete
  2. 「もっと戦争が慈悲深いものだったらこんな近代的ではなかったかもしれない」というフレーズは良いですね。ベルリンに行って、杏里さんの言おうとしてることを見てみたくなりました。計画をたてねば。

    ReplyDelete
  3. たしかにいい表現ではある。ベルリンの現実は、確かにそう。
    ただ「近代的」という言葉の使い方がちょっと問題
    近代=第二次世界大戦前まで
    ここは「現代的」が正しいのでは・・・

    ReplyDelete