Tuesday, September 18, 2012

撮影会終了








最後の撮影会及び最後のヌード関連の仕事が終了した。思えば七年近く、完璧とはほど遠い体型を恥ずかし気もなく晒してきたのだが、よく付き合ってくれた方がいたものだと、自分でも首を傾げてしまう。

ヌード業界に身を置くことは、私のイメージする結婚に似ていた。お金と時間欲しさのあまり、成人映画に出演してしまうことと、楽をしたくて専業主婦になることでは、私から見るとそれほどの違いがあるようには思えない。

OLから専業主婦になって(つまりヌードを仕事にして)三年くらいは、本当に充実した暇人でいることができた。この期間に、ずっと読みたかったのに時間の関係で読めずにいた本を読んだり、観たかった映画を借りてきたり、興味のある芸術や文化に思う存分触れることができた。おそらくこの時の経験は、私の人生の中でも最も貴重な時期となるだろう。

しかし、結婚して何年かすると、互いに気の合わない部分も出てきた。将来への方向性の不一致と言えばいいのだろうか。独り立ちしようと私はパートに出ることにした。二年ほど前からは配偶者とも別居という形をとっていたがが、それでも時々会うことはすっかり習慣になっていた。主に金銭的な理由からである。

そんな中でふと思った。入籍して六年が過ぎたあたりだろうか。

私はいったい何をやっているのか?パート勤めをする結婚生活は私の望んでいたものだっただろうか?答えは否だった。

私が結婚に望んでいたのは、専業主婦という優雅な暇人生活を送ることだった。それができなくなった今、結婚生活を続けることに何の意味があるのだろう?

私は離婚を申し出て、それは無事に成立した。

ヌード業界と寄り添って暮らした七年間に心から感謝している。


最後になりましたが、昨日の撮影会に参加してくださった方、そして、これまでアダルト業界の鈴木杏里を支えてくださった多くの方々、本当に本当にありがとうございました。
これからは、自分好みの服に身を包んだ鈴木杏里として、今まで同様お引き立て下さいますようお願い申し上げます。






5 comments:

  1. i hope you would make an effort going only your way and find something you want.

    ReplyDelete
  2. 鈴木にかける言葉がない。だから・・・
    俺は、今、こころのなかで、あんたを黙って、そっと抱きしめている。
    気持ちだけ、受け止めてくれたら、うれしい。

    それから、小説、読めないぞ~、なんとかしてくれ~。

    ReplyDelete
  3. 比喩の効いた含蓄のある文章は、いつもながら読者を引きつける。幻冬舎新書から「職業としてのAV女優」(中村淳彦著)が出版されているので、ご一読のうえ、気が向いたらまた、再婚を考えてほしい。

    ReplyDelete
  4. なにか久しぶりにブログをのぞいたら引退とのこと。ご苦労様でした。大ファンでした。これからも、素敵な写真はアップしてくださいね。

    ReplyDelete