Wednesday, October 3, 2012

事情があって、本当に時々しかブログを更新できなくなりました。

これから私は現実的にならなければいけないようです。

いい歳をして子どもでした。子どもでありたいと、あるべきだと思っていました。それが許される環境にいたからでしょう。

旅行や贅沢を生活から切り離すなんて、先週までの私には考えることすらできませんでした。

楽しむために生きるばかりが、自分のために生きるばかりが人生ではないんですね。

幸い、私は多少の無理もできないほどの高齢ではありません。立ち向かうしかないんですね。

過去のものになってしまった今、ついこの間までの退屈をどんなに懐かしく思うことか!
退屈は不幸ではなく、幸福の一種だったことにもう少し早く気がついていたら。

皆さんはどうかご自身のありふれた日々を大切にしてください。


-- iPhoneから送信