Sunday, March 17, 2013

FLESH LOVE

















日本人フォトグラファーPHOTOGRAPHER HALさんの撮る「FRESH LOVE」シリーズがすごい。なんと、カップルを真空状態で撮影したらしいのだ。被写体をビニール袋に入れ、掃除機で空気を抜く。布団圧縮袋と同じである。

こういうことって、思いつくだけの人ならいくらでもいるだろうけれど、実行に移すとなると「才能」だとか色々な言葉で言い表されている価値ある何かが必要になってくるのだろうな。

なぜこの人の作品を知ったのかというと、先日知人と職場でインテリアの話をしていたのだが、彼女は模様替えをしたいのだけれど、ぬいぐるみが百体以上あるのでどうやっても彼らが部屋の主役になってしまうと悩んでいた。

ぬいぐるみだとか人形だとかの生き物の形をした物に私はまったく執着心がないので、あっさりと「圧縮すればいいじゃん」と言い放った。

だって布の中に綿が入っているのだからクッションと同じようなものなのだし、圧縮袋の力を借りればぐんとコンパクトになって、好きな所に収納できるではないか。

迷った末彼女は、可哀想だけれど圧縮してみようかな、と諦めたみたいに呟いていた。

私はたまらない欲望を覚えた。そのぬいぐるみの大群が圧縮されていくところをこの目で見てみたい!なんでも、ほとんどのぬいぐるみは同一のキャラクターらしいのだ。方法をちょっとばかり工夫すればかなり面白いコンテンポラリー・アートになることだろう。

だが、そんな事は思っても口には出せない。

圧縮アートが見たい。自分で作ってもいいのだが、そんな大量のぬいぐるみを入手するのにはかなりの経済力が必要である。

私にできることは検索することだけだった。

「圧縮 アート」のワードで真っ先に出てきたのがこの「FLESH LOVE」だった。

インテリアに熱に浮かされていなければこの出会いはなかったのだと思うと、凝り性というのも悪いものではない気がしてくる。



2 comments: