Sunday, March 31, 2013

デビュー

ついにデビューしました!植物に!

手入れが面倒なので今まで敬遠していたのだけれど、このガラスの器をどうにか活用したくて、ついにガーデニングショップの扉をくぐりました。花粉症で死んでしまいそうな、この時期に。

買ったのは三百円くらいの小さな鉢植え。何本か引っこ抜いて、短くカットして、ジャムの空き瓶に挿して、器の中に。

部屋が爽やかになるね。なかなかいいじゃないの。

それにしても可愛い器だなあ。1930年代アメリカの物らしいが、あんな景気の悪そうな時代によくこんなにのん気な商品を作ったものだと感心してしまう。だってどう見てもクリオネみたいじゃないの。

植物が身の回りにあると、ほんの少しだけ健康になった気がする。私ってなんて単純なのだろう。

手のかからないサボテンではなく、こんな普通の植物を選ぶなんて、自分も大人になったものだとしみじみしてしまった。





Thursday, March 28, 2013

SHABBY CHICから始まり支離滅裂に終わる
























引っ越してきてから日が経つにつれて生活感いっぱいの部屋になってきている。

それでもまだShabby Chicなインテリアにすることを諦めてはいない。

何しろ白が基調だから広く見えるし、いろいろと手作りできるからお金もそれほどかからない。そこがこの系統のインテリアならではだ。

甘すぎるのは落ち着かないから、私らしいグロテスクさも多少は取り入れたいところだけれど、そうするとごちゃごちゃしてただでさえ狭い部屋が余計窮屈になってしまう。難しいところだ。

色々な国や時代のエッセンスがごちゃまぜになっているけれど、テーマカラーが決まっているのでうまいことまとまっている。最終的にはそんな風にしたい。

それから、映画版のデイジー・ブキャナン(あの白ずくめのファッションがいいのよ)が落ちぶれて東京の中途半端なマンションに住んでいる、といったイメージの部屋も捨て難い。

今はもうパーティーで踊り狂ったりはしないけれど、大きな姿見にはちゃっかりフラッパードレスが掛けてあって、羽飾りのついた扇子も大事に飾ってある。どれも随分古びてしまっているけれど。

妄想が止まらない。そのわりに頭が回転しない。

今にも意識が飛びそうなくらい睡魔とお近づきになっている時の更新は辛いな。さすがに。もはや何を書いているのか自分でもわけがわからない。前日の睡眠時間が三時間弱なうえに、デパスとレンドルミンが眠りの王国へと私を手招きしている。

この記事は二度と読み返すものか!




 


Thursday, March 21, 2013

撮影会告知




4月29日(日)に、秋葉原Area66さんでの撮影会が決定しました。

またかよ?とお思いの方には申し訳ないのですが。

当日のスケジュールは以下の通りです。



  • 1部 10:00~10:4
  • 2部 11:00~11:45
  • 3部 12:00~12:45
  • 4部 13:30~14:15
  • 5部 14:30~15:15
  • 6部 15:30~16:15
  • 7部 16:30~17:15
  • 8部 17:30~18:15
  • 9部 18:30~19:15
  • 10部 19:30~20:15

予約開始日等はこちらのブログかTwitterで改めて告知しますので、お暇な時にでもチェックしてみてください。

Area66さんのホームページはこちらから(十八歳以上の方のみご覧になれます)。

どうでもいい話かもしれませんが、Area66の読み方は「エリアロクロク」です。「エリアシックスティーシックス」ではありません。私もついさっきまで勘違いしていました。三度も出演させていただいているくせに、本っ当にお恥ずかしい話ですけれど。てっきり「Route66」のもじりかと思っていました。




Wednesday, March 20, 2013

メモ

ずっと見たかったコレットの文鎮コレクション画像発見!!!
これは真似したい。








メモでした。失礼しました。

撮影会後

本日は花粉の飛び交う中ご足労いただき誠にありがとうございました。

スタジオさんにも感謝しております。

4月29日にまた同じエリア66での撮影会が決定致しましたので、どうぞそちらのほうも宜しくお願いします。

あ、因みに、次回はもう少しスリムになってレンズの前に立ちたいと思っています。



引越し前に昔の写真を整理していたら、へんなものをいろいろと見つけてしまった。

添付したのは小学生の頃、まだ何の悩みもない平和だった時代のもの。

すでにツイート済みだが、水着姿の写真はとにかくはげているし、もう一枚は時代を感じすぎる格好に笑いが止まらない。多分水着が7歳くらい、へんなヘソ出しルックが10歳くらい。

自分とはいえ一応子どもなので、モザイク処理をさせてもらいました。

ところで今日は撮影会。

皆様よろしくお願いします!

Sunday, March 17, 2013

FLESH LOVE

















日本人フォトグラファーPHOTOGRAPHER HALさんの撮る「FRESH LOVE」シリーズがすごい。なんと、カップルを真空状態で撮影したらしいのだ。被写体をビニール袋に入れ、掃除機で空気を抜く。布団圧縮袋と同じである。

こういうことって、思いつくだけの人ならいくらでもいるだろうけれど、実行に移すとなると「才能」だとか色々な言葉で言い表されている価値ある何かが必要になってくるのだろうな。

なぜこの人の作品を知ったのかというと、先日知人と職場でインテリアの話をしていたのだが、彼女は模様替えをしたいのだけれど、ぬいぐるみが百体以上あるのでどうやっても彼らが部屋の主役になってしまうと悩んでいた。

ぬいぐるみだとか人形だとかの生き物の形をした物に私はまったく執着心がないので、あっさりと「圧縮すればいいじゃん」と言い放った。

だって布の中に綿が入っているのだからクッションと同じようなものなのだし、圧縮袋の力を借りればぐんとコンパクトになって、好きな所に収納できるではないか。

迷った末彼女は、可哀想だけれど圧縮してみようかな、と諦めたみたいに呟いていた。

私はたまらない欲望を覚えた。そのぬいぐるみの大群が圧縮されていくところをこの目で見てみたい!なんでも、ほとんどのぬいぐるみは同一のキャラクターらしいのだ。方法をちょっとばかり工夫すればかなり面白いコンテンポラリー・アートになることだろう。

だが、そんな事は思っても口には出せない。

圧縮アートが見たい。自分で作ってもいいのだが、そんな大量のぬいぐるみを入手するのにはかなりの経済力が必要である。

私にできることは検索することだけだった。

「圧縮 アート」のワードで真っ先に出てきたのがこの「FLESH LOVE」だった。

インテリアに熱に浮かされていなければこの出会いはなかったのだと思うと、凝り性というのも悪いものではない気がしてくる。



Thursday, March 14, 2013

三月の撮影会告知!






引っ越し騒ぎのごたごたでブログでの告知が遅れました!

来週、3月20日(水)に秋葉原のエリア66で撮影会があります。

詳細は以下のHPからご覧ください。

皆様の御参加、心よりお待ち申しております。

個人的には、最近中毒になってしまったDIYの話で盛り上がれたら最高です。





Sexy Night

Ustreamにて『鈴木杏里のSexy Night』を配信中です!

ちょっとエロティックな文学作品をゆる〜い調子で朗読をしています。

眠れぬ夜には羊を数えるよりも下手な朗読のほうが睡魔とお近づきになれること間違いなし。

こちらからどしどしアクセスしてください。よろしくお願いします。

なんだかとても遺影風の画像も一緒に載せてみました。↓